脱毛をした後の女性
私は22歳の時に、初めて仲間とわき脱毛をしに脱毛専門店に行きました。

実際からもう10年も前の事です。

私は体毛が濃い方で、特にわきの毛は量も多く処理に最高悩んでいました。

脱毛に行く前は、剃ったり抜いたり、たまに脱毛剤を着色して溶かすように処理してみたり…真夏はとくに定期的参考にするのが大変で億劫でした。

剃るとチクチクもう生えてくるし、抜くと皮膚の中に埋まってしまう毛もあり、処理したとしてもビューディフルなわきではないのですでした。

わきの毛のモヤモヤは高校生の時からあったのですが、年頃という事もあり誰にも折衝できませんでした。

でも二十歳を過ぎると、そのような事も話せる仲間もでき、その上平気な自身もいて、いかに楽して清純にできないか。

など話の種にもしていました。

そのような時、『両わき、二年通って永久脱毛が三万円』というイベントの広告を見つけ、安い!と考え仲間を誘って行ってみる事にしたのです。

その頃は、『脱毛』というと高価な心象があり、三万円でびしっと永久脱毛が可能なのか?との心もとないもありましたが、定期的の苦労から抜け出せるならと、ドキドキしなが行ったのを覚えています。

そこでは、初めに質問を書きました。

如何なる面倒があって、どこを如何にやりたいか。

生理周期や、肌のトラブルの有る無し、アレルギーなど、参考に項目が何個かあり、解答た記憶があります。

そのあと、いつからとりかかるかを決めて、次回から脱毛開始となったと考えます。

脱毛の機械を当てるケースは、スカートタオルに着替え台に横になりバンザイをしたステータスで、目の上に光が入らないように何かを乗せられました。

また、剃り残しがあれば剃ってもらえ、消毒をして照射。

黒いものに反応するので、初めは痛いかもしれないですが、毛が薄くなるにつれて苦痛がなくなる。

との解説もあり、何度か通ううちに全く痛さを感じなくなりました。

生理周期と毛の生える周期にマッチして、二、三ヶ月ごとに通いました。

徐々に毛が少なくなり、最後は全く生えてこなくなり終了。

10年経った実際でも、つるつるです。

あの苦労はなんだったのだろう。

現在娘が2人いますが、2人とも毛が濃いめです。

私の経験から、生理周期が整ったころに、わきの脱毛を教えてあげたいと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です